読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情論で私を振り回す厄介な顧客。

厄介な顧客。

組織に属する者として、1対1では関わりたくないが、そうもいかない。

厄介な顧客は、クレームも多い。周りや上の人に相談しようにもアテにならない。頼りになる気がしない。なぜなら、改善策を言わず、私を責めることが予測されるからだ。また私を非難し、説教たらしくされるのが目に浮かぶ。

結論として厄介な顧客は、ごね倒したらどうにかなると思っている。客は、偉い。お金を払ってやってるのだぞと我が物顔。

私ひとりでビジネスをするなら、厄介な顧客は、相手にしない。次、次を見つける。

特に高齢者で多い、このごねるという行為。

私も、できるだけ顧客のニーズを聞き取り、ご提案させて頂いているが、答えはどれもNO。まぁ、NOと言って不利益を被るのは顧客だが、小学生みたいに、嫌だとかきらいだとかの感情論で、振り回すのは、辞めて欲しい。まぁそういう人に求めても無理なのだが。