読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念な話。

先日、同じ職場の部署の後輩の彼は言った。

どう考えてもおかしいことを私に向かって。

ただ、今までの彼の経緯や資質から、私も彼にわかって欲しいとも思わなく、指導が厳しいので右から左へ聞き流した。

 

そして今日の出来事。

私では解決できないことを部署トップの彼に相談し、解決を図ろうとした。彼は1人で解決が難しく経営陣に相談し解決を図ろうとしてくれた。相談した結果、経営陣2人のそれぞれの意見を彼は私に伝えてくれた。2人とも双方の意見は、私が納得できる者ではない。なぜなら、自分が顧客だった場合、腑に落ちないからだ。また非常識だからだ。ただ私が腑に落ちなくても、彼が経営陣2人の意見を集約してまとめて解決を図り、私に提示すべきだと思うのだが、それができなかった。もうひと頑張り・・・。まぁ経営陣がまとめて解決を図らない事に問題が一番あるのだが。経営陣のマネジメントは0点。

私はとても残念である。

経営陣2人に相談した彼をありがたく思う反面、どうしたらよいか。

私は続けて彼に聞いた。経営陣2人のどちらの意見に従えば良いのかと。彼は答えた。どっちっていうのはないのだと。

私は改めて思った。会社の指揮命令系統は、ぐちゃくちゃ。

残念極まりない。

今までも経営陣の無責任さや理不尽で無礼な言動には、うんざりしてきているし、信用や信頼をなくしている。期待もほとんどない。相談しても解決の期待はもてないが、それでも相談せざるを得ない。

私は心の底から相談し信頼できる人が職場に全くいない。残念である。